top of page

東京今昔

 古くからの仕事仲間である鷹野晃さんの労作。眠る前にパラパラとページをめくりながら、過去の日本と今の日本の連続と断絶に興趣をかきたてられる。

 それにしても、これだけの点数を揃え、歴史を踏まえた的確なコメントをつけるのにどれだけのエネルギーを注ぎ込まれたことだろう。



 

Comments


亜弥撮影・プロフィール.jpg

自著の生い立ちについて、これまでの仕事について、私自身の来し方について、記録していくつもりです。

読者登録は
こちらから

ご送信ありがとうございました

  • Facebookの社会的なアイコン
bottom of page